1,605円のお賽銭

鳥居

こんにちは。倉前です。

新宿は歩いて5分のところにある花園神社に行ってきました。

梅の花が一輪。こんな寒いのに一番のりで花を咲かすとは・・・

梅一輪

お守りを買いました。
厄除け開運700円也

1,000円札を出しておつりが300円だったのでそのままお参りしてお賽銭を300円也

自分を取り巻く家族や関係者の幸せを祈りました。

招き猫

真ん中の招き猫はここ最近ずっと教室にいます。

この招き猫さまが招いてくれたのは、①昨年の合格者の喜び、②昨年より随分増えた今年の受講生、③私が信頼を置き期待している若手新人講師などです。

ニャンともパワーのあるペアです。首にかけているのが先ほどのお守りです。

昨年のお守りは「納め処」にお返し、ポケットにあった小銭の残り105円をチャリンと一緒に納めました。105円と半端なので、何か3つほど煩悩が残りそうだな・・・と考えながら境内を歩きました。

鳥居のところに「花その」という神社の社報が貼ってありました。

良いことが書いてあったので社務所にいって一部頂けませんかと聞くと在庫はもうありませんとのこと。

がっかりしていたらコピーして差し上げましょうかと言われ喜んで頂きました。

社報の言葉

そして帰ろうと神社に背を向けたとき「コピーを頂けたことにも感謝しなければ」と思い、回れ右して本殿の前に行きました。

ところが財布を見るともう小銭がありません。さっき煩悩3つを残して納めてしまいましたから。

そこで財布に残る500円玉とにらめっこをしました。

じっと手を見ること数呼吸。カランと音がしてお賽銭箱に吸い込まれました。小銭と違い「チャリン」でなく「カラン」と少し低い音がしました。

さすが小銭とはちがう音を出してくれるじゃないの500円玉さん。

そんなことを考えながらも、次第に何か清々しい気持ちになってきました。

そして帰る道すがら神様から、花園神社の氏子にしてもらえたような気がしました。

 
 
 

受講生を募集中です。(残席わずかです)
開講済みの講座が多く、お申し込みが初日に間に合わないといった方も振替などにより対応できますのでお気軽にご相談ください。
メール お問い合わせ
お電話  03-5363-5459 です。

講座説明会のご案内こちらです 。
最新の講座一覧(残席情報)はこちらです 。

 
 

・・・ 応援して頂けると ・・・ 幸いです ・・・

   

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

thirteen − seven =

Trackback URL