「受容する心 主張する技」

受容する心主張する技

こんにちは。

2次試験も近づいてきましたので、事例問題を解くときに役に立つ考え方、心構えをつづってみようと思います。

「受容する心」 事例問題に向かうとき、自分の経験や考えをおさえて、相手(事例企業)の経験や考えを素直に尊重する。 "事例企業に寄り添う" と言いかえることもできます

「主張する技」 いったん受容した企業を、今度は、時に客観的立場で、時に傍からご支援する立場で。 身につけてきた知識をもとに、(我田引水とせず)しっかり ”主張していく技” が求められます。

 
 

こんな企業あるの? (欠点だらけで・・・)

うちの会社そっくり (もらった)

まったく違う分野に乗り出すなんて無謀だ (・・・アドバイスせよと?)

そんなつぶやきをおさえつつ

しなやかにしたたかに

 

中小企業診断士2次試験なら
SLA-HP-ブログサイドバーバナー

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村もご覧ください。
 
中小企業診断士ポータルサイト portalsite_logo

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です