企業ドメインと事業ドメインの違い

 

こんにちは。ともです。
今回は企業ドメインと事業ドメインの違いです。

そもそもですが、ドメインとは?

ひとことでは「事業領域」です。

企業が「どのような領域を対象に事業活動をしていくか」を明確化するための概念です。(以下、事業領域=ドメインとして統一します)

ドメインは「自社の戦う場所」を自ら決めるという意味で、いわば企業の生存領域そのものです。

はじめ単一の事業をしていた企業も、市場機会との遭遇や自社の経営資源を活用するため、事業を複数化して展開していく場合があります。

このように、異なる複数の「自社の戦う場所」が生まれた場合、その場所ごとに事業活動の方向性を明示する必要が生じます。このためドメインを複数化させます。

ドメインを複数化させたら、1+1が2になるのは当然のこととして、願わくは、企業としてのパフォーマンスはその単純計算以上の成果を期待したいところです。

また、いうまでもなく、複数化させて、かえって今までよりもパフォーマンスが落ちたのでは意味がありません。

そこで、複数化させたドメインを、企業の思惑通り有機的に運営し、より高いパフォーマンスを生み出すために、複数事業を統括するため、あえて定義するのが「企業ドメイン」です。

そして、企業ドメインを上位概念として定義したことにより、区別するため定義するのが、下位概念としての「事業ドメイン」です。
 
 
企業ドメインと事業ドメインの違いをまとめます。

■ 企業ドメイン
 展開する事業(多角化)の範囲や、組み合わせ(事業ポートフォリオ)、アイデンティティ(同一性)を決めるもの。

■ 事業ドメイン
 個別事業ごとの範囲(自社の戦う場所)を決めるもの。

ここで、事業ドメインを定義するにあたっては、「エーベルの3次元」が有用です。

「①市場・顧客(誰に)」
「②企業が果たすべき機能(何を)」
「③企業が持つ技術・能力(どのように)」

の3つの切り口によって事業ドメインを表現します。

なお、単一事業(多角化していない)の企業においては、企業ドメイン=事業ドメインとなります。
 
 
まとめです。

中小企業診断士試験企業・事業ドメイン
 

   

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

one × 1 =

Trackback URL