合格発表を受けて感想

 

こんにちは。倉前です。 2次試験の結果が発表されました。 合格された方にはご祝福申し上げます。 残念な結果だった方も明日に向けてまた頑張りましょう。 さて、今回の合格率は19.1%で去年の24.2%より5%低くなりました。 数字上では100人のうち24位に入るか19位に入るかの違いです。 けれどもこの19位に入った方の答案は、あえて私が受けた感想をそのまま言葉にしますと「80分でよくここまで書きました」です。 私のもとに今年1月から通って、今回合格した受講生は本試験の直後、再現答案を送ってくれたメールで次のように書いていました。 「見直すとダメな解答が多々見受けられてしまい残念な気持ちになっております。」 それは不合格を覚悟しましたという言葉にも聞こえました。 けれどもそのあと採点したころ内容的には「80分でよく書きました」であり、採点結果も合計264点。それをメールで返信したとき私は次のように書きました。 「採点してみました。私の基準かつ少し客観的に見られなくなっている部分があるかもしれませんが参考までにお送りします。」 1年一緒に学んだ方の本試験の再現答案の採点は本音で言えば客観的になりにくいものです。そして頼まれなければ赤ペンでの添削もしません。 もう試験会場に置いてきてしまった答案であり、できていないところに赤ペンをしてもそれは自分の指導が至らなかったからかもしれないので。

   

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です