【 検証 】 ストレート生は優位ってほんとかな?

  ストレート生は、2年目以降生に較べて合格しやすい?

 次の表はSLAに再現答案を送られた方30名の受験回数別の状況です。
  昨日のブログでお伝えした通り母数(30名)全体の合格率は50%です。

中小企業診断士2次試験再現答案提出者受験回数別合格率

2次試験の受験1回目、2回目、3回目の方の合否の数は、奇しくもそれぞれちょうど同人数です。(=合格率50%)

-先に結論を-
ストレート生と
2年目以降生に
合格率に関する有意差は認められませんでした。

上記は28年度30名の結果です。
母数が小さいので少しでも母集団の推定精度を高めるべく、平成26年と平成27年のデータを加えて再度検証したのが次表です。

中小企業診断士2次試験再現答案提出者受験回数別合格率(3年分)

 結論は変わりませんでした。

① ストレート生だから大目に見て受からせてもらえた。
② 何年も試験受けているから試験委員から見捨てられ受かりにくい。
③ あのひとは受験回数が多いから今年もきっと受からない。

 そのようなことはデータから、何も読み取れませんでした。

おわりに

スタートラインはみな同じ、そこに至る道はいろいろあるけれど、ゴールは同じ。フェアプレーで戦い、勝ってもおごらず、負けても潔く。

当たり前のようなことを書いていますが
複雑にしないでシンプルに
2次試験ってそういうものだと思います。

お知らせです。

ABCD評価無料個別アドバイスを行います。
(12月24日と25日)お1人60分×10名様先着にて。よろしければぜひお越しください。
 
 

中小企業診断士2次試験なら
SLA-HP-ブログサイドバーバナー

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です