【2次試験】過去問添削サービスを行っています。

 

こんにちは。倉前です。

早いもので10月23日の2次試験まであと6か月ほど。勉強の方は進んでいますでしょうか。

中小企業診断士試験過去問添削例

勉強の進み具合を点検する上でもお役に立ちたいとの思いから、過去問添削サービスを行っています。平成20年から平成27年までを対象に、懇切丁寧に添削しています。

合格者の勉強過程の悩みや本試験での対応など「受験生の声」も取り入れています。

受験生の声
 書籍や受験機関ごとに過去問解答例が異なるためどれが正しいかわからず自分の解答の妥当性もわからない
添削の対応
 正しい解答の多様性を受け入れ、実際の再現答案の分析、ABCD判定や開示された得点などにもとづく添削、採点で妥当性、得点獲得性を判断します。

受験生の声
 過去問を解いた際の自分の答案に基づく合格可能性がわからない
添削の対応
 個別の設問や設問間の関連なども加味しながら添削・採点し、何が足りて何が足りないかを示しながら合格可能性を判断します。

受験生の声
 過去問答案に基づく自分の強みと弱点がわからない
添削の対応
 自分自身ではわかりにくい、「本試験の得点に結びつく強み」と「結びつかない、あるいは失点に結びつく弱み」などをお伝えします。

さらに・・・課題提示型から対策提案型添削へ
 従来の添削は、個別の記述に対する正否とコメント(課題提示型)が中心であったことに対し、本添削サービスでは、別途、1事例ごとの「講評」を加え、一人一人の学習到達度に合わせたアドバイスにまで踏み込む(対策提案型)の要素を重視するようにしています。

加えて・・・新たな傾向への対応
 上記添削方針に加え、同じ過去問学習でも、「今までと同じ」ではなく、最近の本試験を分析して得られた「新たな傾向」に配慮したアドバイスで、28年度本試験に向けて、未来志向で効果的な添削を心がけています。

中小企業診断士2次試験過去問添削サービス

 

 
 
 

・・・ 応援して頂けると ・・・ 幸いです ・・・

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です