事例 1 再現答案がバラバラ過ぎて・・・

 
こんにちは

先日、再現答案添削依頼を受けた方から「私の答案の方いかがでしたか、速報でも」ときかれました

やはり合格発表までのこの時期気になっているのだなと再認識。

どのくらいの位置にいるかの感触がわかればこの後の計画も立ちやすいという意味かと。

そしてまずはその方の事例Ⅰの再現答案と他の方の事例Ⅰの再現答案にさっと目を通しました。

ところが、今年の事例Ⅰ、なかなか、難しい・・・

なにせ、それぞれの方の解答内容がバラバラ過ぎて

複数の答案に場合によっては全く違う解答が展開されていて

それぞれたしかに与件文や設問からいえなくもない

これだと、今年の実際の採点者も苦労しそうです。

とはいえ、基準が相対評価(競争試験)であるとすれば、出題者から問われていることにどれだけ答えられている(と評価してもらえる)か(の度合い)が合否を分けることに変わりはないでしょう。

そんなバラバラの解答が生まれそうな事例もありますので果報は寝てお待ちください

と日記には書いておき

難しいけれど添削の方すすめてていきたいと思います。

 
 
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です