ビリギャル読んだ?

ビリギャル公式サイト書籍の表紙画像
5月に映画も封切になった話題作。 やっと時間がとれたので「ビリギャル」を文庫本で読んでみました。 ※右記画像はビリギャル公式サイトにリンクしています。 こちらの書籍はビリギャルさん本人視点のお話ではなく、彼女を合格に導いた塾の講師(経営者・執筆者)の視点で書かれています。 その指導者があたたかく彼女を見守りながらビリギャルさんの偏差値を40押し上げていくストーリー。 とはいえこのシンデレラ物語の主人公であり、かつ一番頑張ったのはもちろんビリギャルさんです。そして彼女を取り巻く登場人物として その講師の方やご家族、高校の先生・生徒、ご友人の皆さんなどが描かれます。     今はまったく勉強ができない、けれどもこのままではいけないと(おそらく潜在的に)感じていた彼女が塾の門をたたいた。 その姿は、金髪・ミニスカート・ギャルそのもののいでたちで。 優れた あるいは 相性の合う講師との出会い。 それが大切な一歩だった。 「 信じれば道は開かれる 」 そんなお話です。     この塾は個別指導タイプの塾であり、受験生の皆さんというより「個別指導」という内容から、それを行っている私自身に役に立つ内容でした。 いろいろ学びながら進化とパワーアップをして行きたく存じます。      
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ  こちらをクリックして
日本ブログ村の方も是非ご覧ください

    ビリギャル読んだ?” に対して1件のコメントがあります。

    1. J.Yさん より:

      こんにちは、この本は存在は知っておりましたが、未だ読んでことがありませんでした。
      今は概要しか知りませんが、中小企業診断士試験2次試験を5年連続で受験し全て総合Cという私と、
      この本の主人公に共通点があるのではないか?と勝手に解釈しKindleで購入してみました。
      2021年1月より合格ゼミ等でお世話になります。

    2. s-kura より:

      コメントありがとうございます。受験勉強頑張ろう!と思える書籍ですので楽しく読んで頂けたらと思います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です