「戦友」のテーマ・ストーリー

こんにちは

今日は、事例Ⅰ「戦友」に込められた、テーマ・ストーリーについてです。
与件と設問(第5問)をもとにみていきます。
物語を読み進める感覚でどうぞ。

第5問
「第三の創業期」ともいうべき段階を目前にして、A社の存続にとって懸念すべき組織的課題を、中小企業診断士として、どのように分析するか。150 字以内で答えよ。

分析 ① 外部環境と戦略の乖離 ー 戦友たちの経験 ー

(起因となった出来事)

第一の創業期の終わり、長期景気低迷という逆風の環境下、X社は(結果的に無謀とも言える)事業拡大(戦略)により存続できなくなった

(懸念されること)

今も続く、長期景気低迷の局面下で事業拡大を図るA社にとって、戦友たちの経験や危機感が風化してしまい、同じ轍を踏むことが懸念される

(よって、組織的課題は)

事業継続の困難に遭遇した戦友たちの経験とそれに基づく危機感を共有、伝承していくこと。

分析 ② 戦友たちの引退 ー チャレンジ精神 ー

(起因となった出来事)

第二の創業期、A社社長が過半数を出資し、仲間7名もわずかな手持ち資金を出資して事業再建の道をスタートさせた

その後、A社社長と7名の仲間たちは、生産、販売のため、そして存続と成長をかけてともに一生懸命「戦った」

その戦い方は、出題者をして「戦友」と言わせるような「チャレンジ精神に満ちあふれた姿」であったに違いない

そして今では8億円を売り上げる企業に成長させた。

(懸念されること)

戦友たちのチャレンジ精神に支えられて成長してきたA社は、それを維持・向上しなければ、急拡大させている現状の売り上げ維持さえも懸念される。

ましてや、新たな製品を開発し、首都圏から全国市場へという大きなビジョンに立ち向かうならなおさらです。

(よって、組織的課題は)

戦友たちの引退により、チャレンジ精神を衰退・消滅させないよう醸成していくこと。

分析 ③ A社社長と専務の引退(=第三の創業期) ー 権限委譲 ー

ところで「第三の創業期」とは?

それは次期経営者たちの時代

では「その段階を目前にして」とは?

A社社長と専務がまだいるうちに

その段階での組織的課題は?

「企業経営者としての経験」を持つ人材を確保、育成すること

下記の「与件」がそのことを示唆しています。

「企業経営者としての経験がないといった不安(懸念)を抱えながらも・・・」 ※(懸念)は補足

つまり、経営をするには「企業経営者としての経験が必要です」という一般的な考え方を示すとともに、それなくしては存続に不安(懸念)が生じます、ということを出題者が示唆しているものと考えます

(よって、組織的課題は)
引退を前に、後継経営者に(権限委譲により)経験を積ませ、A社社長と同じように経営を行える人材を確保、育成すること。

(まとめ)
A社の存続にとって懸念すべき組織的課題

① 事業継続困難に陥った経験と危機感の共有と伝承
② チャレンジ精神の維持・向上
③ 権限委譲の推進による後継経営者づくりと事業部制組織への変革
④ それらを実現する人材の確保と育成

上記構成要素(一次知識やキーワード)を活用し「組織的課題は、」を主語に、与件の記述を因として、頭の中でも構いませんので150字の答案を作成されてみてはいかがでしょうか。

事例Ⅰ第5問解答欄枠

また、今回、解答例までは示しませんが、「SLAの解答例」には、この設問を含め、全設問の解答例を記載しておりますので、よろしければお取り寄せ頂き、ご確認頂けましたら幸いです。
解答例送付サービスのお申込み(無料です)

ところで、上記まとめの中に「事業部制組織への変革」を盛り込みました。
これが、本事例を締めくくるテーマです。
根拠は以下の通りです。

A社は現状、機能別組織体制で、トップに意思決定や権限などが集中し、その分A社社長の後継経営者が育ちにくい組織構造上の特徴、風土、文化をもっています。(一次知識より)

けれども、首都圏から全国へ進出するとなれば「地域別にくくられた」事業部制組織への変革(事業や市場の規模・特性に合わせた組織形態への変革)も視野に入れなければならない。

第一の創業期には、そうした変革(=事業展開に応じた組織の再構築)は記されることなく拡大路線に突き進み、立ち行かなくなっています
  (=第三の創業期へ向けての懸念事項)

このように、権限委譲の推進は、後継経営者の育成とともに、事業部制組織への変革のために必要かつ有効な施策でもあるのです。

ー編集後記ー

今回のテーマ・ストーリーの解説にあたっては、十分時間を頂きましたが、この内容を80分で考え、試験会場に残すことが合格の必要条件ではございません。

そのことは、再現答案を評価していて理解できます。

ここで重視したことは、出題者が求めていた(と考えられる)テーマ・ストーリーを「 中小企業診断士として 」少しでも汲みとろうとする試みです。

普段の講座の中では、こうしたテーマ・ストーリーに、折々触れつつも「実際の80分で書ける答案の作成」を重視しております。

中小企業診断士2次試験なら
SLA-HP-ブログサイドバーバナー

   
 

2次試験 事例1を読み解くストーリー

こんにちは

議論の尽きない今年の事例1ですが、
この事例は、第四問を解きほぐすと、ストーリーがスルスルっと氷解していきます。

まず前提を見ていきます。
商標権という言葉が使用されているように本事例のテーマは『 ブランド 』でした。

「第一の創業期」A社の前身X社は、100品目以上を取り扱って、10億円を売り上げたが、過剰投資によって事業の継続を断念した。

一方、「第二の創業期」商標権を取得して、3種類の主力商品に限定してスタートしたA社は、(戦友達が手にした)知名度(ブランド)を武器に、地元で売り上げを約8億円まで伸ばした。

そして現在、「第三の創業期」に直面するA社は、全国市場に進出して売上高30億円を目指す。

このとき、今ある3種類のラインアップのまま、地元市場での売り上げと、それに対応する日産50,000個の生産体制で、売上高30億円というビジョンの達成を進めていくことは難しい。

ゆえにA社は「新商品開発」、「販路拡大」、「生産力増強」の3つの施策をビジョン達成のために、今後していく必要があります。

その時、「障害となるリスク」は?
というのが第四問の問いです。

さて、冒頭でもお伝えしました通り、
A社のコアコンピタンスは「 ブランド力 」です。

ですので、A社にとって「ブランドの毀損」が一番のリスクです。

今、A社の主力商品はブランド力を発揮していますが、「新商品開発」という施策により、
事業の継続困難に陥った「第一の創業期」のように「100品目」に増やしたらどうなるでしょう?

障害となるリスク(その1)
「ブランド価値の希釈化」
です。

つまり、全国市場進出のために、独自の新商品を開発するのは与件の通り不可避ですが、そのことが「第一の創業期」のようにブランド価値を希釈化してしまう、というリスクがA社の前途をさえぎる障害となるのではないでしょうか。

 
さて、上記のように、「新商品開発」をブランドと結びつけた後、残るは「販路拡大」と「生産力増強」の2つの施策です。

ところで「第一の創業期」A社の前身X社は、この2つの施策をとりました。そしてどうなりましたでしょうか?

障害となるリスク(その2)
「過剰投資による事業継続の困難」
です。

販路拡大のためには、広告宣伝費、営業人員の増強、生産設備への投資等、相応の先行投資が必要になりますが、ブランド認知度が全国では低いA社の場合、思ったように投資が回収進まず(つまりは過剰投資により)事業継続が困難になるというリスクがA社の前途をさえぎる障害となります。

上記2つの、障害となるリスクを解答骨子にして、第4問の解答例を作成しました。

第4問 解答例(100字)

リスクとして、①主力商品への依存から脱却し新商品の品目を増やすことによるブランド価値の希釈化、②ブランド認知度の全国での低さから販路拡大、生産力増強の投資回収ができず事業が継続困難に陥る可能性がある。
 
  
さて、ここまで見ると、第1問で問われている
「A社が主力製品を再び人気商品にさせた最大の要因」は?
という問いに対する解答の方向性が見えてきます。

最大の要因
「X社の商標権を取得した上で認知度の高い主力商品に集中しブランド価値を高めたことである。」
となります。

取得した商標権をもとに、主力商品にアイテムを集中したことにより、ブランド価値の濃縮化(濃縮は希釈の反意語です)が図れたと考えます。

そして、結論を述べた後は、与件から、上記の「最大の要因」を支持する記述を引用しながら述べていきます。

第1問 解答例(100字)

最大の要因は、X社の商標権を取得した上で認知度の高い主力商品に集中しブランド価値を高めたことである。その実現に、①商品名を冠した新会社名、②HACCP準拠と品質食感の確保、③X社時代の顧客の再購買が貢献した。
 
 
上記の解答のストーリー、次の書籍からもヒントがもらえます。

ブランドのづくり教科書

「ブランドづくりには捨てる勇気が大切だ」131P より
「ブランドをむやみに広げると希釈化してしまう」262P より

上記解答のストーリーと解答例が1つの例として納得できるところがあるようでしたら、この書籍、手にとって、主旨を確かめてみてはいかがでしょうか。

よろしければ発表待ちのこの時期、教科書を読むつもりで、徹底して理解して、我が事のように飲み込んでしまいましょう。

事例の理解、答案作成の糧としてお役に立つかもしれません。

(Amazonへのリンクです)
「ブランドづくりの教科書」(日本経済新聞出版社)
 

中小企業診断士2次試験なら
SLA-HP-ブログサイドバーバナー

   
 

『 採点しにくい』今年の事例4

こんにちは

今年も2次試験の再現答案評価サービスの採点を行っていますが、今日はその途中で事例4について感じたことを書かせて頂きます。

毎年答案を評価していて思うのはその年々の特徴があるということです。

今年の特徴を一言で言いますと、『 採点しにくい』 です。

年度によって、正解に対して受験生の解答内容の近さ具合を得点の高低にできそうな場合は評価がしやすいものです。

ところが、今年の事例4は第1問から、第4問まで、受験生の解答が大きくばらついています。

その中から合格答案を選び出すとなると難しいですし、また

素点で60点に至っていると思われる答案が少なく感じられるのも特徴です。

さて、ばらつきと言う意味で、直近で近い印象を受けるのは、平成26年の事例4です。

似ているところは

第1問、経営分析の解答文字数が少なく、コンパクトに適切な要素を答案に入れなかればならない。

第2問、第3問の難解さというか、考えれば考えるほどいろいろな解答が思い浮かんでしまい考えがまとまらなくなりそうになる。

そして第4問のとっつきにくさです。

平成26年事例4の第4問は、確かにお馴染み為替リスクのヘッジ方法の記述だったわけですが、何がとっつきにくかったかと言うと、解答欄の形でした。

受験生のお話によれば解答欄が中途半端な大きさでした。
マス目がない長方形で、

1行で端的に書きたいが、それでは書きたいことも書ききれない。

2行にすると、文字が小さくなるし、そもそも折り返して2行にして良いものかどうか?

3行にすれば、勉強してきたことを一定量述べられるが文字がさらに小さくて読みにくい。

4行にしたら? 採点サービスをしていても、手書きで4行にして頂いた場合、ほとんど読めない小さな字に…

考え込んでしまった受験生も多かったことと思います。

(ちなみに今年の第4問は「あなたが重要と考えること」と聞かれていて、確かに考えれば考えるほどいろいろ考えられてしまうところが難しいところです)

さてさて、平成26年の受験生の多くは、もう来年を覚悟したといった状況のように見えました。
私も試験会場で夕方受験生のみなさんをお見受けしましたが、いつもにも増して険しい表情でした。

今年は少しその印象に似ています。

では、振り返ってみて、どう対応したらよかったのでしょうか?

言うは易く行うのは難いことではありますが
第1問から第4問の間に散らばる計算問題を少しずつ部分点稼ぎながら、記述のところは与件や設問を焦ることなく丁寧に読んで、聞かれていることに対して、大きくは外さない答案を書くという対応ができたら良かったと思います。

素点で60点取りにくい事例ではあっても、そうすれば踏み止まった答案も書けそうです。

今年受かってしまえばそれが一番ですが、こうした年々の特徴もしっかり掴んでおくことが今後の対策となりそうです。

追記、そのような中でしたが、平成26年の2次試験の合格率は順調に24.3%でした。

希望を持って前向きに!

中小企業診断士2次試験なら
SLA-HP-ブログサイドバーバナー

   
 

「体験!資格学校の新興勢力」(企業診断11月号 特集記事掲載)が発売されました。

 

企業診断11月号に「体験!資格学校の新興勢力」が掲載されました。

この10年以内に新しく中小企業診断士資格の講座を開講した5社について特集記事が組まれています。

SLA(サクセスレッスンアトリエ)他4校の
①講座の特徴
②(代表)講師インタビュー
③卒業生インタビュー
④取材陣の体験受講

さらに各校の指導法の分析、受験生にとってのメリット・デメリットなど多面的に取材されております。

体験受講では、記者が実際に受講生となって講座を受ける取材スタイルで、通常、各校の受講生以外にはわからない多くの情報が掲載されており、参考にして頂けるものと思います。

SLAに取材(&体験講座)に来られた方も中小企業診断士で、厳しい2次試験を通り抜けてきただけあってか、取材やその後の記事作成などもさすがだなと思わせるものがありました。

なお、この12月で設立5周年目を迎えるSLAの卒業生インタビューでは、直近の平成27年の卒業生、28年の卒業生(ともに 合格ゼミナール で合格)もインタビューに答えてくれました。

お求めは、
取扱いのある全国の大手書店や amazon 等にて。

ご興味がございましたらぜひご覧ください。

 

中小企業診断士2次試験なら
SLA-HP-ブログサイドバーバナー

   
 

平成29年2次試験 再現答案用紙を作成しました

 

平成29年度 中小企業診断士2次試験 再現答案用紙を作成しました。

2次試験を受けられた皆様には大変お疲れ様でした。

再現答案の作成にご活用いただけましたら幸いです。

 < 事例Ⅰ 事例Ⅱ 事例Ⅲ 事例Ⅳ >

 

 

中小企業診断士2次試験なら
SLA-HP-ブログサイドバーバナー

   
 

受験生が手にした10円玉

 
先日、受講料を現金で預かりました。

そのときおつりが10円。

10円硬貨

手もとには古ぼけたコインが1枚のみ。

ふちが丸くなり数字も消えかかるほど。

お渡しするのに少し気が引けました。

「 年季が入っていて恐縮です 」

「 いったい、何人の手に触れてこのようになったのでしょう? 」

そんな会話を交わしつつ。

長い年月を経たそのコイン。

いろいろなストーリーがあったのではないかと思いをめぐらせてみる。

大蔵省造幣局で生まれ、銀行育ちのピカピカの硬貨。

初めはおつり用として小売店のレジに収納。そこからお客さんに受け取られ。

公衆電話では数分間大切なひとと人とのつなぎ役を演じ

時には参拝客の願いを一身に受け、お賽銭箱にダイビング・・・

チョコの画像

子供の頃、母からもらったお小遣いの10円。

心はずませ駄菓子屋に行って小さなチョコを1つ買った。

その手に大事に握りしめていた10円玉かもしれない。

 そしてこの日は未来の診断士の手に渡りました。

 

中小企業診断士2次試験なら
SLA-HP-ブログサイドバーバナー

   
 

1次試験 合格率推移(統計資料)と2次受験&合格者数を考える

診断協会から1次試験合格発表があり、同時に統計資料が発表されております。

本年度の1次試験の合格率は21.7%

中小企業診断士1次試験合格状況統計資料

・平成29年度の1次試験は合格率は21.7%
 (平成18年からの12年間の平均合格率は21.1%)

・1次試験合格者数は 3,106名
 (平成18年からの12年間の平均合者数は、2,991名)

なお、 1次試験の科目別合格率推移 最新版(直近12年間) は左記リンクよりご覧ください。
 

本年度の2次試験の合格状況を考えてみます。

・今年は1次試験合格者が3,106名。
こちらに昨年からの受験生等2,000名程度が加わり5,000名位を今年の2次受験者数と仮定して合格の状況を考えてみます。

・直近5年間で合格率がもっとも低かった平成25年の18.5%で計算すると合格者数は925名になります。

・直近5年間で最も合格者数が少なかった平成28年度の842名を基準にすると合格率が16.8%となり、過去12年間で最低となります。

・一方、直近5年間の平均合格率である、21.2%を乗じると今年の合格者数は1,060名

・また、直近5年間の2次試験平均合格者数である1,020名が合格者数であった場合、合格率は20.4%となります。

 
では。
受験生のみなさまの勉強が順調に進みますようにお祈りいたします。
 

中小企業診断士2次試験なら
SLA-HP-ブログサイドバーバナー

   
 

【 官報掲載 】平成29年11月 中小企業診断士になった方

 

平成29年11月1日付けで中小企業診断士に登録された方
が官報に掲載されました。(今回は15名です)

 中小企業支援法第十一条第一項の規定に基づき中小企業診断士を登録した件(経済産業一二三)

平成29年11月17日金曜日 官報  第7146号

経済産業省告示第一二三号
中小企業支援法(昭和三十八年法律第百四十七号)第十一条一項の規定に基づき、平成二十九年十一月一日付けをもって左記の者を中小企業診断士として登録したので、中小企業診断士の登録等及び試験に関する規則(平成一二年通商産業省令第一九二号)第一七条の規定に基づき、公示する。
平成二九年十一月十七日
経済産業大臣 世耕 弘成

 

官報は1ヵ月程度でリンクが切れてしまいますので「記念に」と思われる方は、今のうちに印刷しておくか、ダウンロードされることをおすすめいたします。

※なお、ご利用にあたっては(官報ご利用に当たって)をお読みの上ご参照ください。

 

中小企業診断士2次試験なら
SLA-HP-ブログサイドバーバナー

   
 

【速報】平成29年度 中小企業診断士試験 日程発表

 
こんにちは。

本日(4月13日) 診断協会から 平成29年度の試験日程について が発表(更新)されました。

日程は、前回(予定)発表どおりでした。

そして、いよいよ2次試験の合格発表は年内12月26日です。

また、 平成29年度中小企業診断士第1次試験について も発表されました。
※今回は概要なので必ず「 平成29年度中小企業診断士第1次試験案内 」(5月2日から配布)をご参照ください、と記載されております。

また、「平成28年度または平成27年度に科目合格された方には、5月2日(火)に自宅住所あて平成29年度第1次試験案内等を普通郵便でお送りします。」とのことですが住所変更のあった方などはお気をつけください。

受験生のみなさん頑張ってください。

 

中小企業診断士2次試験なら
SLA-HP-ブログサイドバーバナー

   
 

とてもうれしい変化です(2次試験の合格発表が年内に)

 
こんにちは。

2次試験合格発表が年内(12月26日)になりました。

なぜこのような変化があったのか?
理由はわかりません。
けれども「なぜか」はさておきとても嬉しい変化です。

そうですよね。
2次試験の正式合格って、ただでさえとてもうれしいものです。
その嬉しい気持ちと達成感をもって新たな年を迎えられるのですから。

年末年始は家族や親せき、知人に会う機会も多いことでしょう。
そんな時胸張って合格しましたと言える。
2次試験受験生長年多くの願望だったと思います。

心ある試験関係者ががそれを汲んでくれたのだと日記には書いておきましょう。

それから、合格発表が早ければ、年明け早々実務従事に参加しようという方も段取りが組みやすくなると思います。

はやく合格が発表され、3月末までに経済産業省に登録して、新年度の4月から、晴れて「中小企業診断士」として資格を活用、あるいは活動したいという方にとっても朗報です。

次のお正月はみなさんきっといい初夢がみられますように。

 

中小企業診断士2次試験なら
SLA-HP-ブログサイドバーバナー