中小企業診断士になると・・・【官報掲載】

中小企業診断士になると、経済産業大臣の名のもと、官報に氏名が公表されます。

中小企業診断士になるには多くの方が、ハードでたくさんの時間や期間をかけられますが、診断士になれば、そのやりきった「自信」と政府によって登録された「自覚」を持って、その後の社会人生活を充実感をもって過ごせる点が魅力ではないでしょうか。

診断士になるまでの過程は大変です。けれども、そのための準備期間より、それを活用する時間・期間の方が一般的にははるかに長いことと思います。

だから、これから勉強始める方も、今回果たせなかった方も諦めずに頑張って頂けたら、と思います。

「誰のために頑張るのでのではなく自分のために」

今回公告の官報では、1月4日付で中小企業診断士になった方が掲載されております。

以下、文面と掲載ページです。


平成31年1月8日 火曜日  官報 第7422号

経済産業省告示第五号
中小企業支援法(昭和三十八年法律第百四十七号)第十一条一項の規定に基づき、平成三十一年一月四日付けをもって左記の者を中小企業診断士として登録したので、中小企業診断士の登録等及び試験に関する規則(平成一二年通商産業省令第一九二号)第一七条の規定に基づき、公示する。
平成三十一年一月八日
経済産業大臣 臨時代理 国務大臣 吉川貴盛

掲載ページは こちら


なお、今回は、SLAの合格ゼミ履修生(29年度)も1名掲載されております。

Y.M.さん(松下容一郎さん)の合格体験記

これからも、一人でも多くの受験生の合格の一助になれるよう務めてまいります。


上記インターネット版官報は1ヵ月程度でリンクが切れてしまいますので「記念に」と思われる方は、今のうちに印刷しておくか、ダウンロードされることをおすすめいたします。

また、官報は書店で注文して購入することもできますので原本を手に入れたいという方は書店に問い合わせてみてください。

※なお、ご利用にあたっては(官報ご利用に当たって)をお読みの上ご参照ください。


 

中小企業診断士2次試験なら
SLA-HP-ブログサイドバーバナー

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です