書き写す心

屏風の画像
高校時代に授業で書道を習っていたとき

先生が言われたことが今も心に残っています。

硯(すずり)で墨を磨ることの意味です。

墨を磨るのは「 こころを研ぎ澄ますこと 」なのだそうです。

その頃は、先生がおっしゃることがよくは理解できていなかったのですが、それでも何か大切なことを教えて頂いた気がしたことを今も覚えています。

高校の書道に関する文部科学省の討議の中に下記のような記載がありました。

「 感じ取る力や思考する力を一層豊かにするために、自分の思いを語り合ったり、自分の価値意識をもって批評したりするなどして、自分なりの意味や価値を作り出していくような鑑賞の指導を重視する。」(文部科学省・・・議事録

今思えばそうしたことをご指導いただいていたのかなと思います。

また、小学校の指導要領には書写について、

・・・また,毛筆を使用する書写は、硬筆による書写の能力の基礎を養うよう指導し,硬筆を使用する書写の指導は文字を正しく整えて書くようにすることに留意する・・(一部略、学習指導要領Q&A 問2−7)とあります。

試験勉強をする上でも書き写しをする場面があると思います。

そうしたときもしっかり一文字一文字こころを研ぎ澄まして書き写すようにしたいものです。

とはいえ、続けているうちには心が曇ってしまうときもあるかもしれません。

試験勉強では、書道と違い、使用するのは鉛筆やシャープペンでしょうから書き始める前に墨を磨って こころを研ぎ澄ます わけにもいきません。

けれども勉強を始める前にちょっと深呼吸したり、その勉強の意味をしっかりイメージしたりという一呼吸はあってもいいような気がします。

そのために何か自分なりに こころを研ぎ澄ます 儀式のようなものを決めておくというのも良いかもしれません。
 

Follow me!

書き写す心” に対して1件のコメントがあります。

  1. 中島朋子 より:

    私も早速書写します。

    1. s-kura より:

      投稿ありがとうございます。
      ぜひ書写してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です