【心ひとつ】 「インプット思考」から「アウトプット思考」へ

 
心ひとつ駅
 当ブログでは、

インプット中心の勉強スタンスを「インプット思考」と呼びます。

 対して、

アウトプット中心の勉強スタンスを「アウトプット思考」と呼びます。 
 
 
このスタンス分けをするキーファクターは

明確な解答や解答プロセスが公表・確定されるか否かです。

公表・確定される1次試験は「インプット思考」が適し、

公表・確定されない2次試験は「アウトプット思考」が適します。
 
 
1次試験の勉強では学ぶべきことも、また学んだ結果である

試験での解答内容についても正解・不正解がはっきりします。

この「正解・不正解およびそのプロセスがはっきりしている」学問では

情報があふれる今日、

勉強で正解がわからなくなり知りたくなったとき、自ら求めて

「正解さん、正解さん、私に正しいことを教えてください。」

とまわりを見渡せば「正解さん」は近づいてきて助けてくれます。
 
 
ところが2次試験の勉強ではどうでしょう。

「正解さん、正解さん、私に正しいことを教えてください。」

とまわりを見渡しても「正解さん」は助けに来てくれません。

なぜでしょう。

近くに「正解さん」がいないからでしょうか。

私は思います。

「正解さん」がいないわけではないのです。
 
少し短いですが今日はここまでとさせてください。続きをまた頑張ります。

 

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ 
こちらをクリックして頂けますと幸いです

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です