ラーメン屋さんと1対1

ラーメンの画像
こんにちは。倉前です。

前から気になっていた

近くの行列ができるラーメン屋さん

に行きました

外装はシンプル

白いのれんに小さく

「中華そば としおか」

内装もシンプル

BGMもなし

あるのはラーメンをつくる一人店長の姿と動作音

濃厚そうに見えるけれどさらさら

雑音も雑念もなく食べおわり

ラーメンをはさんで1対1

飾りも宣伝もないけど

「一杯にかける思い」

を感じました。

 
 
 
 
 
 

   
 

白書の中心で愛をさけぶ!

あけましておめでとうございます。
皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

さて、お正月休みに白書をゆっくり読みなおそうかなどと思い、手にとったところ白書の表紙に使用されている自分の写真を発見しましたのでご報告です。
 

中小企業白書表紙

中小企業白書表紙

ここにいまーす!

白書の中心にいまーす!!

クリックすると少し大きくなります。

わかりずらい場合は座標軸にて、
(X軸 左から30人目,Y軸 上から21人目)
ご興味のない(ほとんどの)方にはごめんなさい。

 

表紙掲載者一覧 

中小企業白書表紙掲載者一覧

 
 
 
 
 

← ここにもいまーす!!

 761ページ  最右列 上から43人目
 
 白書をお持ちでかつ、根気のある方は是非、数えて探してみてください。

 

写真掲載の経緯

 写真掲載の経緯は、さいたま新都心にある関東経済産業局に仕事で伺った際、「小規模事業支援者の一人として、白書の表紙に写真を掲載したいので」と局の方から声を掛けら、何かのごりやくもあるだろうと「喜んで」写ったわけです。それにしてもここまで小さいとは・・・
これでは、本当に愛をさけんでいるのかいまひとつはっきり見えません。

次回は、この白書から少しだけ試験のお役に立つことをお伝えしたいと思います。
 
では。

 
 
 

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ 
こちらをクリックして頂けますと幸いです

   
 

パソコンのメモリ交換で快適!

メモリ交換

パソコンのメモリを増設しました。
 2MB→8MB
(初めからついていたもの
 →通販で購入)
 今、とても快適です。

パソコンの仕組みを料理に例えると、
・ハードディスクは冷蔵庫やテーブル
・メモリーはまな板
・CPUは包丁
・パソコンを利用する私が調理人

ということになるらしいですが、メモリ(2MBのまな板)が手狭になっていたということでした。

(経緯)
 最近パソコンの動作がとても遅くなり、「もういやだ!」とひとり心の中で叫んでいたとき、ふとパソコン画面の右下に、「メモリの使い過ぎです」といったメーッセージがでていることに気づきました。
 ふだんやらないことなのでいろいろ調べてみました。そして、メモリはパソコンを買い替えることを考えたらわずかな価格で購入できることがわかりました。そして、慣れない手つきでパソコンの裏蓋を開け、メモリを左右から固定しているガイドを左右に広げると、今あるメモリが取り出せました。そして、新たに購入したメモリを押し込むと、カチッと音がして増設完了。思ったよりも簡単。
(結論)
  期待を大きく超える動作スピードです。購入して改善しなかったり規格が違っていたらというにという迷いはあったけれど、必要は発明の母でした。よかった。それにしても、今までの(無駄な)時間は何だったんだ…

P.S.このパソコンの仕様書では、メモリは4MBまでとなっていたのですが、「大きいことはいいことだ」と8MBのものに交換してしまいました。2次試験の答案では、書きたいことがたくさんあってもマス目の外まで書いてしまうとかされませんように・・・(笑)