受験生が手にした10円玉

 
先日、受講料を現金で預かりました。

そのときおつりが10円。

10円硬貨

手もとには古ぼけたコインが1枚のみ。

ふちが丸くなり数字も消えかかるほど。

お渡しするのに少し気が引けました。

「 年季が入っていて恐縮です 」

「 いったい、何人の手に触れてこのようになったのでしょう? 」

そんな会話を交わしつつ。

長い年月を経たそのコイン。

いろいろなストーリーがあったのではないかと思いをめぐらせてみる。

大蔵省造幣局で生まれ、銀行育ちのピカピカの硬貨。

初めはおつり用として小売店のレジに収納。そこからお客さんに受け取られ。

公衆電話では数分間大切なひとと人とのつなぎ役を演じ

時には参拝客の願いを一身に受け、お賽銭箱にダイビング・・・

チョコの画像

子供の頃、母からもらったお小遣いの10円。

心はずませ駄菓子屋に行って小さなチョコを1つ買った。

その手に大事に握りしめていた10円玉かもしれない。

 そしてこの日は未来の診断士の手に渡りました。

 

中小企業診断士2次試験なら
SLA-HP-ブログサイドバーバナー

   

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

12 + six =

Trackback URL