【2次試験】記述のときのマス目の使い方(基本・再掲)

 
中小企業診断士試験マス目の使い方

こんにちは

基本ですが試験も近いので少し追加修正し再掲示しました。

読点 、句点 。はマス目の左下

② かぎ括弧 「  」 は、基本それぞれ 右上・左下 。

 ①、②とも、あまり 右上・左下などに寄せ過ぎると窮屈なのであくまで見やすいよう適度に。

③ いわゆる中黒・中点はマス目の真ん中に打つ。
 そのとき読点 、 と区別がつくようにしっかり打つ。

④ 文末で解答欄最右のマス目の 読点 、 句点 。 は1マスの中に入れる(解答欄次の行の最左欄に改行することなく)。そのとき、解答マス目の右欄外に打つという方法も作文の指導書によってはあるので問題はないと思うが、多数派である1マスの中に打つ方が違和感が少ない。

半角英数字は1マスに2文字まで入れて良い。入れて良いとなっているが入れないと間延びする。けれども ,や小数点 . も含めて3文字以上入れてはならない。

・上記の図の通り300百万円の場合は、3と00が離れない方が見やすい。の文字だけ1マスの真ん中に全角で書くとバランスがよくない。300のような一まとまりの数字は半角なら半角で統一する。
・同じく上図のように3,000万円と3桁区切りで書くときにたまにあるのは , (コンマ)を独立して1マス使うというあやまり。それではコンマとその左右の文字との間隔がアンバランスになる。

また 読点 、 とコンマ , は違いが分かるよう丁寧に、読み手にわかり易いよう意識する。なお、小数点 . はコンマに準じて使う。

⑥ CADやSNSなどローマ字3文字の用語は多く出てくるが、基本は大文字で1マスずつ使う。(上図左下)

上図右下のパターンのようにCAD を半角大文字で書く場合、半角だから1マスに2文字入れてもよいという考えもある。その場合、文字を詰め込んだだけあるなと思わせる密度の濃い答案とセットにしたい。

注)上記の基準は診断協会から公表されるものではなくあくまでサクセスレッスンアトリエでご指導させていただいている基準です。

 
 
 

・・・ 応援して頂けると ・・・ 幸いです ・・・

   

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

nineteen − 8 =

Trackback URL