記述表現上達のための Tip’s

ミニトマト

 
歌人の俵万智さんが、「 サラダ記念日 」の詩集のあとがきに

こんな言葉を残しています。

表現のぜい肉をそぎおとしていく、
そして最後に残った何かを、定型という網でつかまえる。

切り捨ててゆく緊張感、あるいは、切りとってくる充実感、
それが短歌の魅力。
 
 
どこか2次試験の記述にも通じる部分があるような。

なにも詩を書くわけではありません。

けれども、大切な解答要素を

「 切りとってくる充実感 」

あるいは不要な要素は

「 切り捨ててゆく緊張感 」

そして

「 最後に残った何かを、定形という網でつかまえる 」
 
 
なるほど、なるほど。

参考になりそうなものは何でも参考にしたいと思います。

2次試験では制限字数とその中に論理的文章という定型で表現する。
 
 
俵さんはあわせてこんな内容のことも綴っています。

「 1,300年続く五七五七七という31文字に惚れてしまった 」

とのことです。
 
 
そういえばちょうど来月の今日でした。

「 この味がいいね 」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日
 
 
試験に受かるまででいいので惚れてみませんか?

100文字に。

 
 

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ 
こちらをクリックして
日本ブログ村の方も是非ご覧ください

   

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

nineteen − 11 =

Trackback URL